ヨシンの韓ドラと人生の語り場

韓国ドラマを1話ずつレビュー!さらなる楽しみをシェアしましょう!

『だから俺はアンチと結婚した』第10話 右手は添えるだけの愛しかた

第10話 あらすじ

 トークショーで“初恋”の話をうまく交わしたフジュン。グニョンは“フジュンの初恋”のことが頭から離れず、預かっている高校生ユリのことをフジュンに伝えるのを忘れてしまう。何も知らずに家に訪ねてきたフジュンは事情を聞くと、翌日3人でドライブに行こうと言い出す。それは、家出したユリをソウルから離れた自宅に送るためだった。

 途中、ユリからグニョンのことを「誰かを待ってるみたいだけど、探されたくないと言っていた」と聞き、フジュンはあることを思いつく。ユリを送り届け、グニョンが寝ている間にグニョンの実家に連れてきたのだ。家族と再会し、穏やかな時間を過ごしたグニョンは自然と心を開き、今度こそフジュンの気持ちを素直に受け入れることができたのだった。

 一方、イニョンはジェジュンの事務所に契約解除を申し入れる。ジェジュンがフジュンを手に入れるために自分が利用され、グニョンが現れたことで自分が必要なくなったと思っているイニョンと、イニョンのことを想っているのに苦しめてしまうジェジュンの仲は修繕できないところまできているようにみえる。追い詰められたイニョンは、フジュンとのデュエット曲の音源を流出すると、それが“アンチの仕業”と記事になり世間を騒がせる。謝った記事に傷ついたグニョンを心配したフジュンは、バイクで海に連れ出すことに。そこで、フジュンに病院からイニョンのことで連絡が入る。

 

 

 

 

第10話 ヨシンとレビュー!

(以下、ネタバレあり。)

 

“初恋のひと”は気になる存在

 「もし初恋の人が戻ってくるなら?」の問いに、フジュンはビシッと答えるのではと期待しましたが、うまく逃げたのかあえて避けたのか。韓国ドラマでは“初恋のひと”を大切にしていて「初恋は幼稚園の時、隣の組だったゆうきくん」レベルではないんですよね。心から初めて好きになって、愛したひとが“初恋”。だから大人になって好きになった人でも“初恋のひと”と呼ぶし、グニョンのように好きな人の“初恋のひと”は何より気になってしまうもの。この定義だと“初恋”ってものすごくロマンティックだし、辛いものでもあります。

 

愛があふれるフジュンの右手物語

 さて、フジュンは「誰かを待っている」グニョンのためにグニョンの実家に連れていきます。グニョンと言うことがそっくりな母親は、フジュンのことをホウキで叩き「思ったよりイケメンじゃない」と言うし、父親は「娘を泣かせたら目をくり抜く」と宣言。どんなに有名なスターだろうが、自分の子が一番大切なのが親。そんな愛されているグニョンを見て、フジュンは自分のことを話し出します。本名が“ベニ“なのはツッコみたくなりましたが、少しずつ吐き出すフジュンに安心したり。

 騒がしい中で過ごしてきた2人にとって、誰にも邪魔されない場所で過ごすことがとてもいい方向に流れました。抱えていた緊張がほぐれ、自分の気持ちに素直になれたグニョンと、「お前が好きだ」と言葉でしっかり伝えたフジュン。右手で手を繋ごうとしてグニョンに拒否されたり、座って寝ているグニョンの頭を右手で支えてあげたり、キスする時に右手でグニョンの頭を撫でたり。フジュンの右手は愛情にあふれていましたね。さらに、ふざけてグニョンに近づいて、不意打ちキスをやってのけるやんちゃなフジュンと照れたグニョンの笑顔も見れて、第10話はこれで満足!お腹いっぱい!と思われたのですが...。

 

イニョンが病院に?!

 イニョンはフジュンとのデュエット曲の音源を流出すると、駆けつけてきたジェジュンとまたもや言い合いになり、家から飛び出してしまいます。前から薬を飲んでいる場面が何度かありましたが、ついに、大量に飲んで意識を失ってしまったよう。

 音源流出が“アンチの仕業”と記事に書かれ、グニョンはまた傷ついて大泣き。フジュンがバイクで海に連れ出して話を聞きます。「あの時もう少し我慢してれば、みんなに嫌われないで済んだのに」と後悔するグニョンに「ごめん」と言いながら、大声で辛い気持ちを海に向かって叫ぶフジュンとグニョン。これから辛い時は一緒に叫ぼうと抱き合うと笑顔になるグニョン。大丈夫、これからもこうやって2人で乗り越えていけばいい。とそこに、病院から連絡が入ってしまうのでした。

 

 フジュンとグニョンは、辛い時も楽しい時も寄り添いたいと思える関係になりましたが、このまま平和な時間が続くとは限りません。むしろ、これからが本番。フジュンのファンは応援してくれないかもしれないけど、こっちは2人を応援しているよ!ファイティン!

 

 

yoshinkandora.hatenablog.com

 

 

 

 

『だから俺はアンチと結婚した』第9話 恋するフジュンのエトセトラ

第9話 あらすじ

 グニョンとフジュンが抱き合ってキスをしているところに家のチャイムが鳴るが、モニターには人影なく誰が来たのかはわからず。グニョンはいつものようにフジュンに弄ばれていると思い、フジュンを突き離してしまった。

 フジュンの番組降板は撤回されたが、次の撮影場所は、グニョンの元職場であるワンダーウーマン社という最悪の状況。元上司の“毒舌ムニ”は相変わらずの罵倒ぶりで、グニョンの企画を使って提案してくる始末。フジュンはグニョンをかばい今回の企画を辞退すると言い出すが、グニョンはフジュンにも八つ当たりしてしまい言い合いになってしまう。

 タイミングを見計らったかのように、ジェジュンはグニョンを呼び出すと、先程の出来事の愚痴を聞きながら、事務所の新人としてグニョンをスカウトし契約書を渡そうとする。また、フジュンが落とした父親の指輪を自分のものだとグニョンに嘘をつくのだった。そして、イニョンはCM撮影に続き、フジュンのデュエット曲の相方として隠れてレコーディングをはじめる。ジェジュンにバレないはずがないのに...。

 第9話の事件といえば、フジュンファンの女子高生ユリが、グニョンのいる家に乗り込んできたことだ。グニョンがフジュンの家に住んでいる情報と引き換えに、フジュンに会わせるよう要求される。しかも、家出中である彼女を仕方なく泊めることに。

 翌日、フジュンのトークショーにグニョンも撮影で行くことに。そこに、ジェジュンがイニョンの気持ちを確かめるために、イニョンを連れてやってくる。トークショーが始まると“初恋”の話になり、フジュンが見つめる先には誰がーー。

 

 

第9話 ヨシンとレビュー!

 

(以下ネタバレあり。)

 

 気持ちを確かめ合ったと思われた2人ですが、そう簡単にうまくいかないようです。家のチャイム音が鳴り、ハッと現実に戻ったかのように、グニョンはフジュンから離れてしまいます。同時にイニョンのことが思い浮かび、信じきれない気持ちもあったのでしょう。結局、なかったことにしようだなんて言う2人の本心は違くても、引っかかっていることがあるのも事実。

 

 フジュンがワンダーウーマン社の企画を降りると言ったのは、他でもないグニョンのためでしたが、「こうなったのはあなたのせい」と責めるグニョンに、何も言わないで耐えているから簡単にクビと言われるんだと言い返すフジュン。どんなに言い合っても、グニョンが会社をクビになった現実は何も変わりません。グニョンの「着飾っている今より、ここで記事を書いている方が幸せだった」という言葉に、“無難グニョン”と言われ続けても、記者の仕事が大好きだったグニョンの気持ちが明らかになります。だからこそ『だから俺はアンチと結婚した』との戦いに負けず、立ち向かえていたのです。

 

 第9話は「恋するフジュン」に大注目。「ちゃんと帰れてるかな」「何してるかな」と気になって何度も携帯を気にしては、会う前に前髪や服装を直してカッコつけたり、連絡がつかないとグニョンの友達に駆けつけるストーカー並みの心配性を発揮し、レコーディングを聞いていけと自分のいいところ見せたがる。照れている時は「ウウン」と咳き込み、恋するフジュンは可愛いがすぎる。それに気づかないグニョンも鈍感ではあるけども、フジュンのアピールはささやかすぎるけど優しさがある。アタフタしているフジュンの後ろで流れる音の外れた笛の音が、不器用なフジュンとマッチしていて頬が緩んでしまいます。恋する友達を応援したい気持ちに。

 

 そんなある日、家に押しかけてきたのは、グニョンに卵を投げつけた気の強そうなフジュンファンの女子高生。スターの家にアンチとファンが泊まり、ネットの掲示板で言い争っている図がまた可笑しい。だけど、その女子高生のおかげで、フジュンからもらって放置していたヒールを履くことになったグニョン。翌日のフジュンのトークショーで、グニョンがヒールを履いているところをみて大きくガッツポーズするフジュンが見れたのは、女子高生のナイスアシストがあったから。

 トークショーが始まり、“初恋”の話題になると「もし初恋の人が戻ってきたら」という問いに対して、客席を見つめるフジュン。その先にいるのは、グニョンかイニョンなのか。フジュンはなんと答えるのだろうか。そしてどうか、フジュンがあげた靴は、なにも問題を起こしませんようにと願いを込めて。

 

 

yoshinkandora.hatenablog.com

 

 

yoshinkandora.hatenablog.com

 

 

『だから俺はアンチと結婚した』第8話 心の声で確かめて

第8話 あらすじ

 『だから俺はアンチと結婚した』の撮影場所は、“CLUB BENNY“。2人が出会った場所で、グニョンがサイズの合わないヒールをフジュンに投げつけた場所で、ここからすべてが始まった場所。この日は、サプライズでグニョンの誕生日パーティーを開催するが、ジェジュンとイニョンが参加したことにより、気まずい雰囲気のままフジュンが帰ってしまう。そして、フジュンから貰った誕生日プレゼントのヒールもサイズが合わなかった。

 ジェジュンは、フジュンを事務所に入れる計画を着々と進めている模様。フジュンを触発したり、グニョンを騙したり、その勢いを誰も止めることができない。 

 そんなある日、グニョンはフジュンに突然呼び出され、バイクで連れてこられた場所は、10時間後に発売されるゲームのレア品の発売を待つ列の前。フジュンは途中まで一緒に並んでいたが、グニョン一人置き去りにして行ってしまう。その間、フジュンは専任の記者から、フジュンの情報を売る引き換えにグニョンが雑誌社に採用された話を耳にする。グニョンを疑ったフジュンの態度は一変、『だから俺はアンチと結婚した』を降板すると言い出して...。

 

 

 

第8話 ヨシンとレビュー!

いつも2人は 心の声で確かめて。

 

(以下ネタバレあり。)

 

 

 

逆シンデレラに迎えが?!

 グニョンはまたまたサイズの合わないヒールをプレゼントされましたね。今度はサイズが小さくて靴ずれしてしまう。今回はノ作家が番組用に用意したもので、フジュンは別の靴をプレゼントします。逆シンデレラのグニョンは、自ら靴を探しにいくものだと思っていましたが、まさか持ってきてくれるとは。しかし、第8話では履くところまで至らず、サイズが合うかもフジュンが王子様なのかもまだわかりません。靴も人間も「合わないと問題が起きる」。グニョンはロイ(元カレ)の時のように、サイズの合わない靴を脱ぎ捨てることになってしまうのでしょうか。

 

エスカレートしていくジェジュン

 “CLUB BENNY“で行われたグニョンの誕生日パーティーは、フジュンが途中で抜けてしまい終了します。トイレの前でフジュンとイニョンの関係を話すジェジュンとグニョン、それをトイレの前で聞くイニョン、階段の下で聞くフジュン。いつの間にかカオスな空間に。しかも、ジェジュンの話に惑わされてグニョンを疑ったフジュンは、その場を去ってしまいます。

 その後、ジェジュンはフジュンを呼び出すと何度も殴りかかり......。フジュンはやり返すものの、ジェジュンを嫌いになれるわけでもなく、いつも気持ちを抑えて傷を負ってしまう。そんなフジュンも、辛い時に決まって行く場所ができました。グニョンに体の傷の手当てをしてもらいながら、心の傷にも絆創膏を貼ってもらいに行くかのように。

 

グニョンの本当の気持ち

 ジェジュンの話は誤解だとわかってすぐ、グニョンの悪い噂が流れます。フジュンの情報を売る条件で記者に採用された情報がフジュンの耳に入ってしまったのです。それまでゲームのレア商品を手に入れるために、一緒に楽しく過ごしていたフジュンの態度は一変し『だから俺はアンチと結婚した』の番組を降板することに。最後のイベントでは、フォトカップルで登場しますがぎこちないまま。さらに、現場にグニョンのアンチが押し寄せ、グニョンはボロボロになったまま帰宅することに。その後、グニョンの情報がデマだとわかったフジュンは、急いでグニョンのもとへ向かいます。

 その頃グニョンは、家を出る前にひとりお別れパーティーを開いていました。辛い時に慰めてくれたフジュンは急に態度が変わったと思ったら番組を降板するし、テレビ局のプロデューサーや作家、誰もグニョンのアンチから守ってくれる人はいません。フジュンのアンチなのに、いつの間にかグニョンの一番の味方はフジュンになっていたのです。

 フジュンがグニョンを訪ねると、何事もなかったかのように、そしていつのもように優しく「ここにいろ」「よく耐えたな」と慰めます。そこで、グニョンの張り詰めていた思いが爆発。どんな悲惨な状況でも、フジュンの態度が変わろうと「理解しようと受け入れた」と訴えるグニョンの涙が、耐えてきた辛さが、一気に溢れ出しました。グニョンがここで泣くとは...。つられて涙が...。そして、フジュンはグニョンを抱きしめ、気持ちを確かめ合う言葉も、今までのように心の声で伝え合ったのです。

 

「知ってるか?こんなにもお前が気になること」

「知ってる?見つめられると好きになりそうで怖いこと」

 

いい感じでエンディングだなと私たちも本人たちも思ったことでしょう。すると、「ピンポーン」とインターホンの音が。一体誰がこんな時に何しに来たの?!次回放送の金曜日まで早送りしてほしい展開を迎えたラスト。ここからクライマックスに向けてスタートを切った模様です。いよいよ本格的に楽しくなってきたぞ。

 

 

 

 

yoshinkandora.hatenablog.com

 

 

yoshinkandora.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『だから俺はアンチと結婚した』第7話 天使と悪魔

第7話 あらすじ

 迷子になったグニョンをフジュンが探し出し、無事にホテルに帰った2人。ところが、台風接近により飛行機の本数が規制されてしまう状況に。テレビ局組が先にソウルに戻り、グニョン、フジュン、マネージャーは翌日の飛行機で戻ることになる。その間、フジュンは父親と同じ大学だった知人宅に訪問するが、彼も父親の行方がわからず、父親探しの大きな手がかりは掴めないまま。

 また、同じく沖縄に来ているジェジュンは、フジュンに自分の事務所に誘い、すべて自分のもとに置いて“丸く収めよう”としている。フジュンの答えは同じで、相変わらず歩み寄れない関係は続く。また、父親探しをしているフジュンの後をつけていたジェジュンは、何かを企んでいるようだった。

 翌日、グニョンたちがソウルに到着すると、空港には多くの報道陣とフジュンのファンが押し寄せていた。『だから俺はアンチと結婚した』の初回放送後で、バッシングの嵐がグニョンを襲う。そんな中でも、番組撮影を投げ出すわけにはいグニョンは、精神的に追い詰められる。落ち込むグニョンにフジュンはどんな言葉をかけるのか、フジュンの行動に釘付けになる第7話となった。

 

 

 

第7話 ヨシンとレビュー!

 天使フジュンと悪魔グニョン。

 

(以下ネタバレあり。)

泣いて、怒って、拒否して、ほっこり

 オープニング曲も変わり、いよいよ後半戦突入しましたね。グニョンを見つけたフジュンが「だから俺に集中しろって言ったろ」と言うと、Baby you〜♪OSTが流れます。ラブストーリーはまだ始まっていないのに、この切なさは何でしょう。次にこの曲を聞く時は、もっと切ないシーンになる予感がそう思わせるのでしょうか。ちなみに、見つけてくれたフジュンに対して、グニョンは泣いて、怒って、拒否してましたね。拒否は予想外でしたが、2人らしくて微笑ましい場面でした。

 

こちらがBaby you〜♪OST↓↓

www.youtube.com

 

突っ込みどころ満載な入浴シーン

 父親の手がかりが掴めず、もの思いにふけるフジュンはグニョンをガン無視し、ホテルの温泉で2人きりになっても黙ったまま。しかも、浴衣を着て湯船に入るスタイル。温泉にゆで卵を持ち込むグニョンにも“ゆで卵日本に来てまで食べるんかい“と一句読んでしまいました。ツッコみたくなる演出が多いのも、面白さの理由。

 さて、40分後に口を開いたフジュンは“恨み”について話し出します。父親に捨てられ、恨む時間さえなかったフジュンは、今になって父親を“恨み”探しています。すべてを捨ててきたフジュンだからこそ“恨む”ことで、父親との関係を繋いでいたいのかもしれません。フジュンが遅れて来た反抗期の青年になった時は、背中を押してくれるグニョン。今回は「これもまた過ぎる」とフジュンの硬くなっていた心を温泉とともにほぐしてくれたのではないでしょうか。

 

溺れたくないなら、しばらく待て

 『だから俺はアンチと結婚した』の初回放送では、グニョンがイタズラで飲用水にビタミン剤を入れたことが殺人未遂と非難され、リアリティー番組の怖さが描かれていました。グニョンの母親は「いわれもしない誹謗中傷を受けて、ひとりで我慢することじゃない」と涙ながらに心配し、同じように声をかけたくなる場面に。それでも最後まで諦めないグニョンを私たちは見守るしかないのでしょう。

 外出も難しくなったグニョンのもとにフジュンがやってきます。落ち込むグニョンにいろんな言葉をかけて慰めますが、いまいち心に響きません。目の前で起きていることが、自分の責任だとわかっているグニョンに、“しばらく待つ”ことを教えてくれたフジュン。自分で水の中に入ったなら、溺れないようにじっと待ち、足が付いたら蹴り上げろということ。さらに「これもまた過ぎる」とグニョンからもらった言葉を返します。誰からも応援されないグニョンの隣にいてくれたフジュンの行動が、グニョンの大きな支えとなったはず。

 

バッシングの嵐の中で

 どんなに気分が落ちても撮影の日はやってくる。しかも、街中を散策デートする企画で、ファンに囲まれながらの撮影が始まります。そこで、フジュンは路上ライブに飛び入り参加して歌うことに。フジュンを見つめるグニョンの眼差しが、次第に柔らかくなっていくことを感じます。2人は手を繋いでその場から逃げ出して隠れるていると降り出した雨。フジュンは上着を脱ぐと、上着を傘がわりにグニョンと一緒に雨の中を駆け出すのでした。韓国ドラマあるあるシーンですが、絶対に濡れるとわかっていても、この人と一緒なら雨の中に飛び出してしまうくらい楽しい、これは恋の始まり...?!

 出会ってからのスピード感に対して、2人の距離はゆっくりすぎるほど進展はなかったけど、確実に距離が縮まっていることを感じた第7話。次回からは2人の関係が一気に動きそうで、何が起きるのか楽しみと心配が半々な中途半端なメンタルで挑みたい

 と思います。

 

 

yoshinkandora.hatenablog.com

 

 

 

『だから俺はアンチと結婚した』第6話 大事なことだから2回言う

 

第6話 あらすじ

 グニョンとフジュンは、無事に飛行機に乗ることができた。沖縄に着くと、さっそく『だから俺はアンチと結婚した』のロケが始まる。今回の企画は、グニョンがフジュンに沖縄を案内するもの。日本に来たことがないグニョンは、フジュンを振り回しながらも、いつもの調子で何とか乗り切った。

 同じ頃、CM撮影の相手役を務めるイニョンは、ひとりで沖縄入りしていた。すると、沖縄まで追いかけてきたジェジュンは、フジュンとの仕事を降りるよう反対し溝は深まるばかり。一方、フジュンとイニョンが一緒にいるところを何度も目撃したグニョンは、2人の仲が気になり始めていた。

 海が舞台のCM撮影と『だから俺はアンチと結婚した』の番組撮影が終わり、グニョン、フジュン、マネージャーは三人で市内観光へ。お店を周っていると、グニョンはフジュン達とはぐれてしまい、携帯も壊れて使えずに途方に暮れる。転んで道に座り込んでいると、フジュンがグニョンを見つけだす。

 

 

 

第6話 ヨシンとレビュー!

 大事なことだから2回言う。「これからは俺だけに集中しろ」

 

(以下ネタバレあり。)

 

第6話のロケ地は沖縄

 韓国ドラマでロケ地といえば、カナダ(トッケビ)、スイス(愛の不時着)、キューバ(ボーイフレンド)など海外が多いので、沖縄って新鮮。沖縄といえば、やはり海の映像が美しい。壮大な舞台が映えるラブロマンスとは違い、ラブコメには少々勿体ない気もしますが、知っている場所は親近感があるので、ラブコメとしてはよかったのかも。

 今回の企画は2人がセルフカメラを持って撮影するもので、スタッフはフジュンのマネージャーのみ。自然すぎる画が撮れていましたが、フジュンの世話焼きな面が再び垣間見えます。何よりフジュンが一番楽しそうで、笑顔なんですよね。そんなフジュンを見て微笑むマネージャーを見て、こちらも微笑むほっこり連鎖が起こります。 

 

四角関係に...?

 イニョンを追いかけてジェジュンは沖縄に登場。イニョンを信じられないジェジュン、信じてもらえず自分を責めるイニョン、縁を切ることができないフジュンとイニョン。3人は会えば関係が悪化するばかりで、誰が誰といても笑顔ではない。それぞれ思い合っているのに、すれ違うからまた切ない。

 CM出演を諦めていたイニョンですが、最終的にジェジュンが連れ出して撮影に挑むことに。撮影中は嫉妬まみれのすごい視線を送っていましたが、ジェジュンにとってこの一歩は簡単なものではなかったはずなので、温かい目で見守れました。

 フジュンとイニョンが一緒にいるところを何度もみたグニョンは、2人の関係が気になりはじめ、フジュン、ジェジュン、イニョンの関係性を紙に書き出します。そこに、グニョンの名前が入って、四角関係になることも知らず。

 

フジュンは優しい奴

 買い出しに行く途中で、居酒屋に寄ったグニョンとマネージャー。そこで、ウルっとするようなフジュンの昔話や、本当は“優しい奴”と話を聞きます。思い返せば、家に住むことを許可してくれて、ブランケットをかけてくれたり、空港で待っていてくれた優しいフジュンに思いを馳せます。グニョンはフジュンの優しさに気づいても、素直に受け入れるのは悔しいし照れ臭いのでしょう。

 

手のかかる子は俺に集中しろ!

 番組撮影は海に入って始まります。向かい合って手で押し合い、先に動いた方が負けという小学生がやっているようなゲームをすることに。グニョンが倒れると、フジュンはグニョンを抱き抱えて救う演出を見せ、いろいろとやらかすグニョンに向かって「俺だけに集中しろ」と言い去るフジュン。もちろんトキメクBGMは流れません。このギャップこそスターVSアンチのリアル。本作の面白いところ。

 最終日にグニョン、フジュン、マネージャーで観光することになり街に出ますが、グニョンは迷子になってしまいます。日本といえど、初めて来た地で携帯もなく独りになってしまうのはどんなに不安でしょう。転んで道に座り込むグニョンを見つけたフジュンは「俺に集中しろって言ったろ」と2回目の忠告。フジュンを見上げたグニョンは、果たしてどんな反応をするのでしょうか。ちなみに私の予想は、安心して泣きまくってフジュンを責める。です。(笑)

 

 

 

yoshinkandora.hatenablog.com

 

 

yoshinkandora.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『だから俺はアンチと結婚した』第5話 逆シンデレラは自分で王子を探す

第5話 あらすじ

 地獄のような元カレの前での撮影を終え、レストランを去るグニョン。気晴らしに友達の働く店に行くと、そこで『だから俺はアンチと結婚した』予告編の放送が流れる。悪意を感じる編集に、グニョンのプライドはズタズタ。

 そして、ジェジュンは事業もイニョンとも、何もかもうまくいっておらず常に苛立っていた。すると、フジュンは「イニョンのことを取り戻すかもしれない」とジェジュンに忠告。その後、グニョンのもとを訪ねたフジュンは、いつの間にかグニョンに心のうちを話し出すのだった。

 番組企画“住み始める家の環境を整える”ために、グニョンは床掃除、フジュンは洗濯機のホースの取り付けをすることに。グニョンは拭き掃除をしながら、禁断の2階の部屋に近寄るとフジュンに阻まれてしまう。同じ日に、2階の禁断の部屋に立ち寄ったフジュンの後を追うが、またしても真相はつかめず。また、フジュンがCM撮影で日本に行くことが決まると、父親の知人が日本にいるらしいとの情報が入った。父親探しについて、日本で進展はあるのだろうか。

 CM撮影と『だから俺はアンチと結婚した』の番組撮影も、日本で行われることになった。グニョンも参加するはずが、当日の集合時間になっても現れない。その頃グニョンは、他社から記者としてスカウトされ、契約に行っていた。しかし、仕事内容がグニョンの立場を利用してフジュンの特ダネをつかむためだと知ったグニョンが取った行動は。

 

 

 

 

第5話 ヨシンとレビュー!

 逆シンデレラは王子に探されないなら、自分で王子を探す旅に出よう。

(以下ネタバレあります。)

 

逆シンデレラ

 ロイ(元カレ)のお店を去る時に、そのままヒールを脱ぎ捨ててきたグニョン。シンデレラは靴を残して王子に探してもらうけど、グニョンの場合は、もう二度と私の前に現れるなという意味でしょう。まさに逆シンデレラ。ドレスに三本線が入った便所サンダル姿のグニョンが、勇ましくてカッコよかった!凄まじい勢いの早口で、フジュンを撃退したのもお見事でした。

 

苦しみから抜け出すために

 ジェジュンは絶不調ですね。イニョンと顔を合わせては喧嘩続き。嫉妬深さは異常ですが、二人ともフジュンから離れられなくて苦しんでいるようにもみえます。フジュンはジェジュンのことを本当の兄のように慕っていたし、3人の関係が明らかになるほど切ない気持ちに。それぞれが昔の呪縛から逃れて、前を向けるよう願うばかり。

 と、その思いが繋がるシーンが。グニョンとフジュンは焼酎を飲みながら、“守りたいもの”について話し出すフジュン。何ひとつ守れなかったと言うフジュンに「また守る機会が訪れることがあれば、守りたい別のものができることもある」と今までで一番まともな返しをしたグニョン。そして、フジュンが“守りたい別のものができることもある”の方に反応していたのも気になりました。それが、フジュンが前を向く方法なのかもしれない。確かにフジュンはグニョンに対して偉そうで意地悪にみえますが、「こいつにはなぜか話せちゃう」相手がイ・グニョンで、それがアンチかどうかは関係なく、フジュンにとって必要な存在だったのでしょう。

 

グニョンの選択

 グニョンは他社からのスカウトを「裏で情報を売るつもりはない」と辞退します。真っ直ぐな性格のグニョンは、フジュンに対してそんなことはできないはず。グニョンはフジュンの記事を書き溜めている時が一番楽しそうですが、それは記者魂だけでなく、フジュンへの憎しみが愛着に変わってきている様にも感じます。憎しみと愛はいつでも隣り合わせですから。スクープより、フジュンの取り扱い説明書が出来そうな予感。

 さあ、グニョンは急いで空港に向かいますが、予定の便には間に合わず、フジュンとマネージャーが待つことに。グニョンが空港に到着したと連絡を入れると、探しに行くフジュン。道に迷うグニョンの腕を掴み、走り出す二人にあの匂わせBGM第 3弾が。今まではイントロのみでしたが、今回はついに歌(歌詞)も一緒に走り出します。日本で起きるハプニング(ハプニングが起きる前提)は、二人の仲をどんな方向に変えていくのか、出張について行く気分で楽しもうと思います。

 

3回もしつこく紹介した匂わせBGMをはこちらです。ご堪能くださいませ。

 

 

www.youtube.com

  

 

 

yoshinkandora.hatenablog.com

 

 

yoshinkandora.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 



 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

『だから俺はアンチと結婚した』第4話 相性が悪くて最高な二人よ、もう少しこのままで

第4話 あらすじ 

 ベランダに閉じ込められたグニョンは、フジュンのマネージャーに助けを求めるが、家にきたのは、失態の知られたくないフジュンだった。

 番組『だから俺はアンチと結婚した』では、一緒に住み始めるシーンの撮影が始まった。グニョンはフジュンのカードでわざと大量に食事を注文したり、フジュンは足首を捻ったことをいいことに、グニョンをパシリに使ったりとカメラの裏で戦う二人。負けられないグニョンは、少し行き過ぎたイタズラをしてフジュンが倒れ込んでしまうが、実はドッキリを仕掛けられたのはグニョンの方だった。

 また、イニョンはフジュンのもとを訪ねるが、フジュンに突き返されてしまう。同じ頃、グニョンも日中のことを謝りにフジュンの自宅に向かっていた。すると、走って現れたフジュンは目の前にいたグニョンを抱き寄せ、その先にいるイニョンに見せつけたのだった。一方、ジェジュンもグニョンとの距離を縮め、自分の事務所に入らないかと勧誘をする。ジェジュンがそこまでする意図とは。

 そして、番組の企画“フジュンがレストランでグニョンに手料理を作る“の撮影が、まさかの第1話で振られた元カレ、ロイのレストランで行われることに。誰にも気づかれないよう振る舞うグニョンだったが......。

 

 

 

 

 

第4話 ヨシンとレビュー! 

 ぶっちゃけ、君たち相性いいよね?でも、まだ認めなくてもいいよ。

 

 (以下ネタバレあります。)

グニョンとフジュンの相性

 表向きのフジュンにいちいち反応するグニョンの表情、面白くて毎回笑えます。誰にだって仕事とプライベートの顔はあるのに。撮影が始まっても二人の小競り合いが続くのですが、顔の表情だけで言い争いができるレベル。嫌い同士って、相手の気持ちお構いなしに言いたい放題なので、ある意味本音でぶつかっている。だから、二人の言い合いはむしろリズムが心地いいのです。今の関係の二人をもう少し楽しみたい!

 グニョンがイタズラした飲用水(ビタミン剤を混ぜた)を飲んで、フジュンが倒れ込んだのは芝居でしたが、「殺したいほど憎かったのね」と番組作家のフォローが、リアルで笑えない最高のコメントでした。イタズラは犯罪になりかねないから注意しないと。(よくイタズラする人)さすがに、あの時のグニョンは可哀想だった。

 今回も匂わせシーンがありましたね。2階に登ろうとするグニョンを追いかけ、フジュンは腕を掴み引き寄せます。見つめ合う二人はスローモードに、そして流れてきたBGM。覚えていますか、第1話でフジュンが車から出てきて、倒れそうになったグニョンを助けた時と同じ、何かが始まりそうなBGM。グニョンは照れて押し返すと思いきや、クールに交わすんですね。「何も起こらないんかい」と突っ込みたくなるけど、ドキドキの時間をありがとうとも言いたくなりました。こちらはそろそろフジュンに落ちそうなので、グニョンがフジュンを意識し始めるのは、いつになるのか待ち遠しいです。

 ちなみに、撮影中のグニョンの髪型や衣装が毎回雰囲気が違って可愛いので、ささやかな楽しみ。普段のグニョンが撮影中はスヨンに見えて、二度おいしい。

 

フジュン、ジェジュン、イニョンの三角関係

 続いて、三角関係も少しずつ明らかになってきます。フジュンは今の事務所を離れられないことから、独立を誘ったジェジュンとの仲にヒビが入り、今に至っています。フジュンの過去に何か特別な理由がありそう。

 そして、フジュンとイニョンとの関係。想い合っていたけど二人が置かれている環境が、すれ違いを生んだのでしょう。前回、フジュンがまだイニョンのことを好きだと書きましたが、違いました。めちゃちゃ好きですね、未練たらたらです。鏡に向かってグーパンチですから。好きだけど、何もしてやれないもどかしい気持ちがよく伝わりました。

 さて、ジェジュンがグニョンに会っているのは、フジュンが目的だと思うのですが、グニョンとフジュンの仲を深める手助けをしているようにみえるのです。一般人がそれもアンチとして有名人と戦おうなんて、並の精神じゃできないこと。グニョンが挫けそうな時に、いつもジェジュンが応援してくれる。それって、フジュンから逃げ出さず、向き合う機会を作っていますよね。嫌いな相手でも向き合ってみると、情が生まれてくるもの。次回の予告をみると、その“情”がどう動くかがポイントになりそう。

 

元カレ現る

 ロイ(グニョンが振られた元カレ)とまた会うとは思っていなかったよ...誰よりもそう願っていたのはグニョンだろうけど。しかも、彼のために買ったドレスに彼から貰ったヒールを履いている姿で会うなんて。図々しくなっただけなのに、未練があると思われるのも悔しい。さらに、元カレとフジュンの関係にも疑いの目で見るグニョン。このドラマでは、グニョンのコミカルな目つきや視線が見どころです。

 

この先、グニョンの気持ちは...

 また、グニョンはフジュンのファンから生卵や小麦粉を投げつけられても、意外にも大人の対応を取ります。ですが、割れた卵を片付け、親に再就職したと嘘をつくグニョンはやっぱり惨め。ジェジュンに「靴を投げてこのザマです」と言った言葉は、後悔を意味しているのでしょうか。最後までグニョンらしく負けないで立ち向かってほしい。これからも、彼女の気持ちの変化を丁寧にみていこうと思います。

 

 

 

 

yoshinkandora.hatenablog.com

 

 

yoshinkandora.hatenablog.com